ロゴ

会長挨拶

HOME > 協会情報 > 会長挨拶
会長

 業界発展と社会貢献をめざし、人と共に、都市と共に歩みます。

 東京ビルメンテナンス協会が設立されたのは、昭和37年(1962年)5月、高度経済成長の下、人口や業務機能が集中し、東京が世界初の1,000万人都市となった時でした。オフィスや商業施設をはじめ、施設建設が相次いだ時代を背景に設立された協会の歩みは、我が国におけるビルメンテナンス業の歴史と重なります。
 この間、ビルメンテナンス業は、都市の発展とともに飛躍的な発展を遂げてきました。今では脱炭素社会の実現という国を挙げた取組みの中で、建物の省エネルギー化や都市環境の改善に不可欠な存在となるとともに、環境衛生の確保、テロ対策や防災を含む安全の確保など、わが国を支える基盤産業になったと言っても過言ではありません。
 当協会は、創立以来、ビルメンテナンス業の社会的使命を果たすことを基本方針に掲げ、建物管理の技術力の向上や人材育成に注力し、業界の地位向上に努めてまいりました。現在500社余りの会員を抱え、全国ビルメンテナンス協会を支える最大の地方組織として社会的な影響力を持つ団体へと成長いたしました。

平成23年2月、当協会は公益法人認定法に基づく公益社団法人に移行いたしました。協会では、社会に貢献する公益団体としてその責務を自覚するとともに、従前にも増して公益性の高い各種事業を実施してまいりました。昨年来、コロナ禍の下で一部事業の中止や縮小を余儀なくされていますが、こうした中においても、感染対策に留意しつつ、時代の要請に対応した各種事業を着実に実施してまいります。
 具体的には、新たにウイルスや汚れにおける清掃状況の「見える化」に関する調査やアフターコロナに向けた各社のビル管理における取組みについての調査研究など、コロナ禍をむしろ業務品質のレベルアップに生かすための攻めの取組みを進めます。併せて、現在業界挙げて取り組んでいる「新型ウイルス感染防止防疫業務」についても、強力に推進します。
 また、社会貢献事業として、引き続き障がい者の就労支援事業等を実施するとともに、新たに普及啓発用のDVDを作成します。
 本年開催のオリンピック・パラリンピック大会におきましては、これまで蓄えてきたビルメンテナンスの知恵と力を発揮し、安全・安心な大会運営に貢献してまいります。
 東京ビルメンテナンス協会は、都市の環境と安全を守る仕事を通じ、社会に貢献する協会として、引き続きその役割を果たしてまいります。

 

令和3年6月3日

公益社団法人東京ビルメンテナンス協会

会長会長サイン

PAGE TOP